ED改善!オススメの食べ物

EDにオススメの食べ物
前回の記事では、EDと生活習慣の関係を紹介しました。
生活習慣とは切っても切れないのが、食事ですよね。

「EDの改善効果がある食べ物ってあるの?」
「ペニスに必要な栄養素って何」
など気になる方も多いのではないでしょうか。

普段の食事の内容が健康的である人ほど、EDの発症リスクが低いという研究結果が出るくらいEDと食事は関係しています。

スムーズに勃起や射精をするためには十分な数の精子が必要ですし、食生活が乱れていると生活習慣病を招きEDの原因になってしまうのです。

今回はEDの症状を改善する・ペニスにいい影響をもたらす食べ物を紹介します。
食事を意識すると、あなたのEDが改善されるかもしれません。

EDの予防や改善に役立つ!オススメの栄養素

EDの原因のひとつである器質性EDは、生活習慣病が原因で起きることが多いと言われています。
生活習慣が大きく乱れる原因のひとつである食事は、普段から気をつけなければなりません。

食事だけでは根本的な治療はできませんが、予防になったり改善に役立ったりする可能性もあります。
乱れた食生活を改善して、EDを予防・改善しましょう。
【EDの予防・改善に役立つ栄養素】

栄養素 含まれる食べ物
シトルリン スイカ、メロン、ヘチマなど
亜鉛 牡蠣、煮干し、スルメ、カニなど
EPA・DHA サンマ、イワシ、サバなどの青魚

上記の表は、EDの予防や改善に効果が期待できる栄養素と食べ物です。
どうしてEDに効果があるのか紹介します。

陰茎の血管を拡げる効果が期待できるシトルリン

シトルリンは遊離アミノ酸のひとつで、ウリ科の植物に多く含まれています。
陰茎の血管を拡張するのに必要なNO(一酸化窒素)が含まれているため、血流を改善する効果があると言われています。

ただただシトルリンを摂取するだけでEDが大幅に改善されるわけではありませんが、ED治療薬の効果を更に高める可能性があります。

男性ホルモンの分泌を促す亜鉛

亜鉛には、男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促す働きがあります。
精子の形成や性欲にも大きく関係があり、亜鉛が不足してしまうと性欲減退や男性機能低下などが起こる可能性もあります。
積極的に摂取するようにしましょう。

またビタミンCは、亜鉛の吸収力を高めます。
亜鉛を摂取する時は、レモンやパプリカなどのビタミンCが含まれる食材と一緒に摂るようにしましょう。

血液をサラサラにして修正脂肪を下げるEPAとDHA

EPAとDHAは、必須脂肪酸のひとつです。
血液をサラサラにして、中性脂肪を下げる効果があります。
全身の血行が改善されるので、肥満や脂質異常症の予防にもなります。
勃起は陰茎に血液が流れ込むことで起こります。
血液が改善されれば、EDの改善にも一役買ってくれるでしょう。

EDになりやすい食事とは?

EDになりやすい食べ物
EDを改善・予防する効果が期待できる食べ物を紹介しましたが、EDになりやすい食事もあります。
EDの原因のひとつは、陰茎の血行不良が関係しています。
血行が悪かったり、血流が低下したりすると動脈硬化に繋がります。
動脈硬化はEDを引き起こし、命を脅かす存在になる可能性があります。
健康的な食生活をするためにも、避けるべき食事を紹介します。

【普段から注意すべき食事】

注意する食事例 メニュー例
高脂肪食 ・ジャンクフード
・チーズ(乳製品)
・デザートなど
高食塩食 ・漬物
・味噌汁
・塩辛など
高カロリー食 ・唐揚げ、チキンなどの揚げ物
・スナック菓子
・カップ麺など

上記の表は、普段から注意が必要な食事の例です。
摂取し過ぎると動脈硬化が起こりやすく、EDを引き起こす可能性があります。

動脈硬化を引き起こすリスクがある高脂肪食

日頃からジャンクフードや、チーズ、ケーキなどが好きな人は注意が必要です。
高脂肪食は、生活習慣病である肥満や脂質異常症の原因になることもあります。
脂肪が少ない食事を取るように心がけましょう。

高血圧を引き起こす原因となる高食塩食

塩分の多い食事は体内の水分を貯留、高血圧を引き起こす原因になります。
血圧が高い状態が続くと、血管内部の壁に傷が入ってしまい動脈硬化を引き起こします。
陰茎の血管が拡がりにくくなることで、EDの原因になる可能性もあるのです。

成人男性の一日の塩分摂取量は8g未満です。
味が濃い食事を食べると、すぐに1日分の塩分摂取量を超えてしまいます。
・味付けが薄い料理を選ぶ
・レモンやゆず、カボスなどの柑橘系、香辛料などで味付けを工夫する
・だし汁を取って、塩分をカット
など一工夫するだけで、塩分の摂取量を抑えることができます。
日頃から塩分に気をつけ、減塩の食べ物と変えてみましょう。

今回はEDを改善・予防する栄養素を紹介しました。
いかがでしたか?
日頃の食事にちょっと工夫するだけで、EDの症状が改善したりEDの予防ができるかもしれません。